2017年04月01日

3月に読んだ本【まとめ】

あっとゆーまに4月になってしまった…!!3月はなんだかんだ忙しく終わり、4月もそこそこ忙しくなりそう。
明日は早速試合です…!!出るつもりなかったのに、近所で開催なので、人手が足りないから出てくれと言われ、しぶしぶ申し込みしたら…意外と人数いるじゃないかっていう(笑)

3月に読んだ本はどれもそこそこ面白かったけど、なんだか純粋な心に付いていけず(^-^;今読んでる桐野さんの「ハピネス」がどろどろでわくわくしてます(笑)そーゆー気分なんだと思います(笑)

3月の読書メーター読んだ本の数:4読んだページ数:1803ナイス数:120神去なあなあ日常 (徳間文庫)神去なあなあ日常 (徳間文庫)感想映画化もされたお仕事小説。全く興味がなかった林業の仕事に就くことになってしまった横浜出身の勇気。初めはうだうだ言いながらも、神去村に馴染んでいく勇気青年は純粋な人間だなぁと歪んだ私は思う(((^^;)犬のノコが可愛い。読了日:03月30日 著者:三浦 しをん
冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(下) (講談社文庫)感想上下巻合わせて1000ページ越え…!!面白くて一気読みだったけど、さすがにちょっと中弛み感もあったかなぁ(((^^;)若者達の気持ちが分からないだけかもですが(笑)私にはうだうだ感じた部分も、若者には響くのかなぁ??でもデビュー作でこれだけの作品が書けるってすごい。トリックには全く気付くことが出来なくて、終盤まで楽しく読めました。読了日:03月16日 著者:辻村 深月
冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)冷たい校舎の時は止まる(上) (講談社文庫)感想大雪の日、登校すると仲良し8人組しかいない。そして学校に閉じ込められる。8人は学園祭最終日に自殺したクラスメイトのことを思い出すが、なぜか名前も顔も思い出せず…?という話。これはちょっとファンタジーやホラー要素が入っているけど、学園物を読むたびに、学生時代はなんて狭い世界に固執していたんだろう、と思う。大人になればくだらないと思えることでも、学生時代にはこの狭い世界が全て。この人が犯人かな…?と思わせる要素が8人それぞれにあり、まだ謎は解けない。下巻も楽しみです☆☆☆読了日:03月13日 著者:辻村 深月
カエルの楽園カエルの楽園感想百田さん的には最高傑作らしいけど、結末も読めるし児童書レベルで流し読みしました(((^^;)日本や近隣諸国のことをカエルの世界で表現しています。政治的なコメントはあまりしたくないので、感想はノーコメントで。読了日:03月04日 著者:百田尚樹
読書メーター
posted by かなえ at 19:52| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする